ホットヨガとは

ホットヨガとは室温38℃、湿度65%の中で筋力トレーニングの要素を取り入れた26種類のポーズをとるヨガです。
38℃は、筋肉が最も伸縮しやすくなるといわれている温度です。また、65%という湿度の中で1リットル以上のお水を飲みながらトレーニングを行う為、大量に汗をかきます。多い人だと1レッスンに2リットル以上もの汗をかきます。
このため、ホットヨガを体験された方はまずこの汗の量にびっくりされます。

「ホット」の重要性
現代人は食生活や生活習慣の変化にともない、水分を過剰に摂取したり、シャワーだけでお風呂を済ませたり、クーラーの効いた部屋で一日中過ごしたりと、体を冷やす生活スタイルになってきています。
また、ストレスが溜まると血管が縮み、血の巡りが悪くなり、手や足の先が慢性的に冷えてしまうという症状も起こります。
特に女性に関しては「20歳前後の8割の女性が冷え性だと自覚している」という統計データがあるほど、冷えている人が非常に多いといえます。
冷えからの弊害としていわれている、むくみや肩こり、生理痛などの症状は女性であれば一度は経験したことがあるのではないでしょうか?
このようなことから、私達は「体を温めることの重要性」に改めて気付かされました。
医学的にも証明されている「体を温める事」(ホット)が病気を防ぎ、さらに心と体の両面に大きな効果をもたらし、調和とバランスをもたらすエクササイズとしての「ヨガ」を組み合わせたこの『ホットヨガ』は現代人に最もマッチした健康法だと考えています。

ヨガの効果とは

では、そんなヨガの効果とは?漠然と「リラックス」「ストレス解消」などを考えていましたが、次のような効果があるらしい。
免疫機能向上
疲労回復
筋肉のコリ
血液循環
自律神経
体の歪み矯正
具体的には肩こりや冷え性、便秘、生理痛などなど、女性特有の悩みがずらり。これは女性に人気なわけだ。
ホットヨガとは?
では、ホットヨガとはどんなもの??
ホットヨガが通常のヨガと違うところは「温度」と「湿度」だそう。 ホットヨガはスタジオ内の温度を38℃、湿度を65%に保っていて、そこでヨガを行うことで、筋肉が伸縮しやすくなり、体の硬い人でも柔軟性が増して無理なくできるのだとか。
あと、なんと言っても大量の汗!ホットヨガは温度と湿度のバランスから通常のヨガ以上に大量の汗をかくらしく、1レッスンで2リットル以上の水を飲む人もいるそう!こんなふうに汗をかいて水を大量に飲みながら行うことで、効率よく身体の水分循環が行われ。さらに毛穴に詰まった汚れや老廃物が排出されて、新陳代謝も促進されるそうです。最近話題の「デトックス」という毒素排出効果もあるのですね。
そしてもう1つは冷え性に効くこと。私も夏冬問わず、ものすごい末端冷え性ですが、冷え性に悩む女性はとても多いと思う。ホットヨガでは体を温めることで冷え性改善効果も高いらしいですよ!
ホットヨガスタジオ
一時期は予約待ちでなかなか受けられたなかったらしいですが、最近は各地に続々オープン。私は会社が渋谷なので、渋谷にあるスタジオを調べてみました。 ちなみに、ホットヨガの教室は1回60分か90分で、相場はだいたい1レッスン3000円前後。月に12000円くらいなので、ちょうどフラメンコ教室と同じくらいの月謝になりそう。

ホットヨガとダイエット

室温38度、温度65%に保った部屋で行います。部屋を暖める事により体の柔軟が増し、事故の防止やポーズの上達につなげる事ができます。その暖かいスタジオ内で60分または90分のヨガを行う事で、筋肉が収縮しやすくなり、体の硬い人でも無理なく柔軟性が増してきます。普段あまり運動されていない方にも安心です。
それに、大量の汗をかくので毛穴に詰まった汚れや老廃物が排出されて新陳代謝も高まります。瑞々しいお肌になるだけでなく、体内の毒素を洗い流してくれるので、病気に負けない体を作り上げ、ストレス解消にも大変役立ちます。
さらに、体内の余分な脂肪を燃焼するので、ウエストが引き締まり効果的で驚異的なダイエットができます。

スポンサードリンク



ホットヨガで心身のバランスを整えてキレイを作る

すこやかで美しいボディは、心とカラダのバランスがとれてこそ実現できるもの。フィジカルな動きがそのままメディテーションとなるホットヨガは理想的なエクササイズといえるでしょう。カラダを気持ちよく動かすことで、心までリラックスあなたの中に眠っている美しさのバランスをさあ、呼び覚ませて。